ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

新着情報

新着情報詳細

PRESS 2012.09.24 スパイラルリングと軸用C型止め輪で、トルクリミッタの固定を最小限のコストで達成!

トルクリミッタは、過負荷発生時には、検出カバーを軸方向に動かすことでスイッチを切り、トルク伝達を遮断する装置です。

このように、過負荷発生時に接続を切ることで、機械に損傷を起こしてしまうのを防ぎます。そんな検出カバーに、ロータークリップ社製軸用C型止め輪およびスパイラルリングを使用することで、機能をキープしながら、アプリケーション全体の軽量化を達成します。

 

 

 

ロータークリップ社では、スパイラルリング、軸用C型止め輪などの偏心型止め輪を含め、同心型止め輪をフルラインナップで製造しており、それぞれ異なった機能をもつ3種類の止め輪の中から、お客様のアプリケーションにぴったりの製品を選んで頂くことが可能となっております。

前の記事へ

次の記事へ

新着情報一覧へ

企業情報
ロータークリップ社は、人々の豊かな環境と安全な暮らしつなぐ、止め輪産業のグローバルブランドです。
製品情報
さまざまな製品に使われている“止め輪”を中心とした金属部品の紹介です。
お問い合わせ
製品情報やお見積はもちろん、サンプルからパンフレットのことまで、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP