ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

新着情報

新着情報詳細

TECHNOLOGY 2013.02.25 両極端なウェーブスプリング。

ブスプリングは、波数、巻数、波形状、ワイヤーサイズを変えることで、大小幅広い荷重要件に対応することができます。

そのため、荷重要件が高まるにつれて、軸方向によりスペースを必要とする圧縮コイルばねと異なり、波数・波形状などの要素に一工夫加えることで、巻数を最小限に抑えながらも高い荷重要件に対応出来、そうすることで軸方向の必要スペースを確保することが可能となります。

ロータークリップ社では、そんなウェーブスプリングを、鉛筆の先端部ほどの極小のサイズから、人間一人が入るほどの巨大なウェーブスプリングまでと、幅広いサイズで製造しております。

コネクタなど小さいアプリケーション用の極小ウェーブスプリングをお探しのお客様から、オイル産業界で高い耐食性を誇り、尚且つ直径30cm以上の巨大なウェーブスプリングをお探しのお客様まで、ロータークリップ社では幅広くサポートしております。

 

図1:極小ウェーブスプリングと巨大ウェーブスプリングの比較。

 

また、ウェーブスプリングの大きさを示すため、以下の実験をしてみました。

図2:巨大ウェーブスプリングのサイズ比較。

 

以下アドレスより、お客様のアプリケーションの詳細情報を送信いただけます。

ロータークリップ社エンジニアが、お客様のアプリケーションにピッタリのウェーブスプリングを提案致します。

http://jp.rotorclip.com/contact/index.html

前の記事へ

次の記事へ

新着情報一覧へ

企業情報
ロータークリップ社は、人々の豊かな環境と安全な暮らしつなぐ、止め輪産業のグローバルブランドです。
製品情報
さまざまな製品に使われている“止め輪”を中心とした金属部品の紹介です。
お問い合わせ
製品情報やお見積はもちろん、サンプルからパンフレットのことまで、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP