ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

製品情報

梱包方法

それぞれの製品に合った最適な梱包方法で、皆様の元へお届けします。

  • バラ梱包
  • ワイヤー梱包
  • スタック梱包
  • 収縮ラップ梱包
  • ロータークリップ用コードの見方

バラ梱包

製品のサイズにより、異なったサイズのロータークリップ社製の袋、または箱に詰める梱包方法です。

梱包コードについて

バラ梱包にて注文を請けた場合、(または、バラ梱包のみ可能な場合)には、ロータークリップ梱包コードはありません。たとえば、右のような E-14SSとある場合、製品はバラ梱包にて発送されます。

ワイヤー梱包

ワイヤー梱包が可能な製品は、すべてワイヤーを通した状態で箱に詰めて発送します。また、ワイヤー梱包による追加費用を頂くことは一切ありません。
※バラ梱包と同様に専用コードはありません。

ワイヤー梱包の利点

  • 追加費用なしで提供。
  • 異なったパーツが混合しない。
  • パーツを分類する必要がない 。
  • 取り扱いが容易。
  • パーツがもつれることがない。
  • パーツがすべてバリの向きに合わせて積み重ねられている。
  • ベベル型止め輪の場合、すべて同じ方向に積み重ねられている。
  • ワイヤーに積み重ねた状態で熱処理加工を施すため、高熱による止め輪の動きを抑えこみ、平たい状態にて提供できる。

スタック梱包


スタック梱包とは、製品を一列に積み重ねた梱包方法を指します。ロータークリップでは、テープスタックとレールスタックの2種類のスタック梱包を提供しており、スタック梱包のロータークリップ梱包コードはS表記になります。(注)リン酸塩とオイルを使った表面処理(ロータークリップ専用コード:PD)を施した止め輪をテープスタックすると、テープが張り付いてしまいます。そのため、テープスタックはお勧めしません。

テープスタック(紙テープによるスタック梱包)

自動設備により止め輪を積み重ね、そのままのポジションでテープを貼り付けます。偏心型止め輪-ラジアル方向取り付けタイプの場合、テープスタックを施したそのままの状態で、ディスペンサーに差し込み、アプリケーターを使って取り付けることが出来るように、取り扱いが非常に簡単です。

レールスタック

レールに止め輪を積み重ねた状態で発送します。溝径10mmまでのE型止め輪はレールスタックによる梱包が可能です。また、リン酸塩とオイルを使った表面処理(ロータークリップ専用コード:PD)を施した止め輪はレールスタックをお勧めします。

収縮ラップ梱包

プラスチック製のラップを収縮させて止め輪、ウェーブスプリングを包装する収縮ラップ梱包のオプションがあります。同梱包方法のロータークリップ梱包コードはR01になります。
リン酸塩とオイルを使った表面処理(ロータークリップ専用コード:PD)を施した止め輪にテープスタックを施すと、テープが張り付いてしまいます。収縮ラップ梱包の場合、テープが張り付く恐れがなく、見栄えもよく、また仕分けも非常に簡単に出来ます。そのため、オイルを使用する表面処理を施した製品には、最適の梱包方法と言えます。また、ワイヤー梱包が不可能であり、製品を取り出す際にもつれてしまう、ウェーブスプリングには最適の梱包方法です。

ロータークリップ用コードの見方

ロータークリップ用コードが「HO-50STPAS」の場合:

  • 原材料
  • 表面処理
  • 梱包方法
  • 専用工具
お問い合わせ
製品情報やお見積はもちろん、サンプルからパンフレットのことまで、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP